此岸からの風景 www.sekinetoshikazu.com since 2005

top photo essay gallery 花切手 blog biography contact


Biography   関根俊和  年譜・略 



1952
年、東京都板橋区で生まれる。

1967年、埼玉県川越市に転居。

1971年、埼玉県立川越高校を卒業。



1972年、日本大学芸術学部演劇科へ入学。

1973、高山ゼミにて、後期スタニフラフスキーシステムの学習。

1974年、ゼミの発表会。「釣り」その他のエチュードを初演出。7月、 劇集団玄にて、別役実作「ある別な話」を演出。都内豊島区南長崎、タロー村で公演。11月、演劇集団遁走を旗揚げ。清水邦夫作「朝に死す」を演出。都内豊島区南長崎、タロー村で公演。

1975年、3月、演劇集団遁走にて、「タバコの煙はなんとなく消えていく」を作、演出。都内豊島区南長崎、タロー村で公演。7月、「春、夏、そして秋になって冬」を作。演出。都内豊島区南長崎、タロー村で公演。

1976年、2月、演劇集団遁走にて、「猿芝居はやめろ」を作、演出。都内豊島区南長崎、タロー村で公演。3月、卒論、「小劇場運動についての一考察」を提出。7月、演劇集団遁走にて、「葬式饅頭をくれ」を作、演出。都内豊島区南長崎、タロー村で公演。

1977年、4月、官庁の喫茶室でアルバイト、生活費を稼ぐ。5月、演劇集団遁走にて、「主役になりたい」を作、演出。都内豊島区南長崎、タロー村で公演。

1978年、創作上の問題、劇団員の減少などで、演劇活動が滞る。秋、目白の日本カウンセリングセンターにて、講座を受講。

1979年、9月、演劇集団遁走にて、「川上行生の生活と意見」を構成、演出。旧浦和ベルデ大ホールにて公演。最悪の出来、消耗する。



1980年、カウンセリングの学習に没頭する。

19812月、埼玉県内の自動車販売会社に就職。

198211月、「遁走」時代の俳優が所属する、とあるアマチュア劇団に出入り、端役で出演。



19834月、会社を退職。軽自動車赤帽にて、生活費を稼ぐ。夏頃から、「太平記」の稽古に入る。

198412月、太平記讀之會の旗揚げ。「南北朝動乱の端緒」を構成、演出、出演。 旧浦和市の喫茶店マチェックにて、翌年の二月まで、隔週日曜日公演。

19855上記演目に縁のある地、岐阜県多治見市、多治見国長の碑琵琶湖唐崎浜にて上演。6月、同じく、埼玉県所沢市小手指古戦場跡にて上演。

1986
3月、太平記讀之會にて、三段構成「南北朝動乱の端緒」を、旧浦和市玉蔵院にて公演。 5月、上記演目を、埼玉県秩父市の札所一番から十八番まで、徒歩にて巡演。11月、変一段構成、「南北朝動乱の端緒」、大宮野外彫刻展にて公演。稽古不足がたたり、最悪の出来。

19873月、太平記讀之會にて、三段構成「南北朝動乱の端緒」を、旧浦和市玉蔵院にて公演。 5月、上記演目を、埼玉県秩父市の札所十九番から三十一番まで、徒歩にて巡演。秋、「演技塾」の設立。旧浦和前地アトリエにて稽古。

19883月、太平記讀之會にて、三段構成「南北朝動乱の端緒」を、旧浦和市玉蔵院にて公演。 5月、上記演目を、埼玉県秩父市の札所三十二番から三十四番まで、徒歩にて巡演。夏、白樺高原で、「演技塾」の合宿。



1989年、演出家・藤井青氏と叛通信を設立。7月、「野原で踊ろう」を構成、演出。浦和マチェックにて公演。

19901月から12月まで、横浜の情報月刊誌、「浜ッ子」に演劇人取材文章を掲載。7月、ひと月ほど、浦和の劇団「どくんご」の旅公演に同行。9月、叛通信にて、「抱きしめたい」を構成、演出。北浦和公演特設テントにて公演。

1991年、特記事項なし。

19922月、叛通信にて、「林檎エレジー」を構成、演出。浦和マチェックにて公演。12月、冊子叛通信を主宰。9624号まで刊行する。

199311月、太平記讀之會にて、浪曲「森の石松」を構成、演出。浦和マチェックにて公演。

1994年、秋、女の子のお芝居グループ「リトガル」を主宰。公民館などで稽古。

19952月、叛通信にて、「食に纏わる話」を構成、演出。浦和マチェックにて公演。8月、川越市霞ヶ関北公民館にて、「リトガル」の公開稽古。

19963月、「リトガル」にて、「きせつのうた」を構成、演出。川越市霞ヶ関北公民館にて公演。



1997年、演劇活動の停滞。写真撮影に没頭する。

19987月、説経節「山椒大夫」の台本化。浦和市のコミセンなどで稽古。進展せずに、参加者が減少。

1999年、自身で、説経節を読む決意。入間川などで、単独稽古。12月、ベケットの小説「モロイ」の台本化。

20004月、四国札所一番から二十四番までを歩く。処々にて、説経節を読む。5月、写真展「モノたちの叛乱」を、浦和マチェックにて開催。8月、母の介護、赤帽をやめる。目に異変。

2001年、春、自宅にて、説経節の稽古。秋、入間川の川原、外秩父の山頂などで試演を繰り返す。

2002年、秋、自宅にて、「モロイ」の朗読、稽古。



2003年、ついに、左眼の視力を失う。演劇を断念。失明の不安を抱きながら、入間川流域をデジカメで撮りだす。

20045月、横浜・石川ギャラリーにて、美術家・堀部宏二氏の個展「Blue to Blue」に、入間川の風景写真を展示する。6月、写真展「入間川写真紀行」を、北浦和マチェックにて開催。

20052月、関根俊和ウェブサイト、此岸からの風景 sekinetoshikazu.comを立ち上げる。

2006年、引き続き、入間川歩行を続行。母を看取る。

20077月、デジタル一眼を使い始める。歩行から写真へと、重心が移る。

2008年〜2009年、荒川水系の河川、小畔川、荒川右岸、越辺川、高麗川、都幾川なども撮りだす。

2010年、夏、閉塞感を打開するために、画像投稿サイト、フォト蔵への投稿を始める。

20112月、生まれて初めての海外旅行。ハワイにて、長女の結婚式に立ち会う。3月11日、自宅で大震災に遭遇。命の危険を感じる。5月、人生の仕切り直し。風景写真から花写真へと関心が移る。切手フレームを使い、<花切手>を作り出す。

20126月、胸に痛み、二度目の発作。健康不安に陥り、投稿のペースを落とす。

2013年2月、狭心症手術、冠状動脈に、ステントを一本入れる。

2014年、リハビリを兼ね、ジムでジョギングを始める。春、アメリカの画像投稿サイト、500pxに投稿開始、自分の写真に自信を持つ。

2015年8月、父を看取る。享年97歳。自宅の断捨離。

2016年5月、50年ぶりに、初恋の人<南緒美ちゃん>と巡り合う。

2017年9月、生まれ育った東京都板橋区へ移住。蔵書をほとんど処分。



此岸からの風景 www.sekinetoshikazu.com since 2005

top photo essay gallery 花切手 blog biography contact

Written by sekinetoshikazu in Kawagoe Japan.
Copyright(C)2012 Sekine Toshikazu All rights reserved
.